イメージを拡大

ラップバトルプロジェクト「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」から、アンセムソング「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」の新バージョン「ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-+」のミュージックビデオが公開された。

MVでは既存のシンジュク、シブヤ、イケブクロ、ヨコハマの4ディビジョンに、9月上旬に開催された4thライブで参入が発表されたオオサカ・ディビジョン「どついたれ本舗」、ナゴヤ・ディビジョン「Bad Ass Temple」を加えた総勢18人のキャラクターが、それぞれにラップで自己紹介を披露。新ディビジョンのパートが追加されているほか、既存パートを彩る映像にもマイナーチェンジが施されている。

「ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-+」は、Apple Music、Amazon Musicほか音楽サイトで配信中。作詞、作曲、編曲は、前バージョンから引き続き、平山大介と福山整による音楽作家ユニット「invisible manners」が担当している。

プロジェクト「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」では、日本各地のディビジョンを代表するMCグループが、言葉で人の精神に干渉できる“ヒプノシスマイク”を駆使して、ラップによる領土テリトリーバトルを繰り広げる。6ディビジョンから全18人が参加する過去最大規模の5thライブは、2020年3月28、29日に埼玉・メットライフドームで開催。今年11月には、舞台化第1弾「『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rule the Stage -track.1-」の上演も控える。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});