『オーバーウォッチ』PTR版で13人のヒーローに調整―Blizzardは「リマスター」と表現
  • 『オーバーウォッチ』PTR版で13人のヒーローに調整―Blizzardは「リマスター」と表現
  • 『オーバーウォッチ』PTR版で13人のヒーローに調整―Blizzardは「リマスター」と表現

Blizzard Entertainmentは同社手掛けるFPS『オーバーウォッチ』のPC版PTR(パブリックテストリージョン)に最新パッチを配信、8月に参戦したシグマを含む13人のヒーローに調整を加えました。

D.Va


ディフェンス・マトリックス
・再生レートを1秒あたり12.5%から16%に増加
・再生が開始されるまでの遅延を1秒から0.75秒に短縮

オリーサ


プロテクティブ・バリア
・クールダウンを9秒から10秒に増加

ロードホッグ


スクラップ・ガン
・装弾数を5発から6発に増加

シグマ


キネティック・グラスプ
・チェイン・フック(ロードホッグ)とウィップ・ショット(ブリギッテ)をブロック不可に

グラビティ・フラックス
・高重力効果の時間を1.2秒から0.9秒に短縮

エクスペリメンタル・バリア
・再生レートを1秒あたり175から150に縮小
・バリアを呼び戻した後に1秒のクールダウンを追加
・バリア呼び出しのキャスト時間0.2秒を削除

ウィンストン


バリア・プロジェクター
・持続時間を6秒から9秒に増加
・ヘルスを600から700に増加

バティスト


イモータリティ・フィールド
・ヘルスを250から200に縮小

ルシオ


クロスフェード
・スピード・ブーストの効果を20%から25%に増加

アンプ・イット・アップ
スピード・ブーストの増幅率を50%から60%に増加

ウォール・ライド
・速度のバフを40%から30%に縮小

マーシー


ヴァルキリー
・ヴァルキリーによって作られた追加のビームは敵のバリアを無視するようになった

モイラ


バイオティック・グラスプ
自己回復量を1秒あたり30ヘルスから20ヘルスに縮小

ドゥームフィスト


ロケット・パンチ
・最大チャージに到達するまでの時間を1秒から1.4秒に増加

攻撃は最大の防御なり
・ヒットあたりのシールドヘルス獲得量を35から30に縮小

ソンブラ


トランズロケーター
・クールダウンを4秒から6秒に増加
・ビーコンを展開するか、敵に破壊された場合、すぐにクールダウンを開始

シンメトラ


フォトン・バリア
・持続時間を15秒から12秒に短縮
・ヘルスを5000から4000に縮小

セントリー・タレット
・ダメージを1秒あたり50から40に縮小

フォトン・プロジェクター
・プライマリ攻撃のビームの影響を受けたプレイヤーは、より大きなヒット音が聞こえる

トレーサー


パルス・ピストル
・ダメージの減衰開始距離を10メートルから13メートルに増加

海外ユーザー作成の比較映像

Blizzardが“リマスター”と呼ぶ今回のパッチ1.41。まだ調整が加わる可能性もありますが、ゲームプレイは大きく変化するのではないでしょうか。
《RIKUSYO》
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});