購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル50本!【特集】
  • 購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル50本!【特集】
  • 購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル50本!【特集】
  • 購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル50本!【特集】
  • 購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル50本!【特集】
  • 購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル50本!【特集】
  • 購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル50本!【特集】
  • 購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル50本!【特集】
  • 購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル50本!【特集】

いよいよ「ニンテンドースイッチ ライト(Nintendo Switch Lite)」(希望小売価格:19,980円+税)が9月20日に発売されます。

従来のニンテンドースイッチより持ち運びやすいサイズになり、軽量化もされた本機は、TVモード・テーブルモードが非対応だったり、HD振動機能・モーションIRカメラを使用したゲームをプレイするには別途Joy-Conを用意する必要があったりと、従来のニンテンドースイッチと機能面での差はありますが、携帯モードに対応しているタイトルであれば十分に楽しめるんです。


そこで今回Game*Spark/インサイドでは、ニンテンドースイッチ ライトを購入する前に知っておきたいオススメのタイトル50本を一気に紹介。この中からあなたが気になる作品をぜひ探してみてください!

『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』


発売元(開発元):任天堂(ソラ/バンダイナムコスタジオ) ジャンル:対戦アクション 

―迷ったら『スマブラ』!
対戦アクションの鉄板『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』は、「スイッチと一緒に買っておくべきタイトルNo.1」といっても過言ではありません。対戦アクションといっても本作では、ゲーム初心者のためにチュートリアルが充実しているほか、RPGのようにキャラの強化を行いながらマップを進んでいくアドベンチャーモードが収録されています。

みんなでローカル・インターネット通信の対戦で盛り上がるのもよし、ひとりでアドベンチャーモードをやり込むのもよし。登場キャラクターもシリーズ最多なのでボリューム的にも文句なしです。

今後も新たなファイターが続々追加される予定なので、本作の人気がとどまる事は当分なさそうです!

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』


発売元(開発元):任天堂 ジャンル:アクション・アドベンチャー

―『ゼルダ』シリーズ最高傑作
2017年に発売された『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は、シリーズ初となるオープンワールド型のフィールドを採用。また、まずはどこに行って何をするかという行動の選択もプレイヤーに委ねられています。

その自由度の高さはゲームの奥深さに直結しており、現在も様々な発見に満ち溢れています。発売年には「The Game Awards 2017」を受賞。ゲームのクオリティは折り紙付きです。

これまで『ゼルダの伝説』シリーズを体験してこなかった人も、「どこかへ冒険したい」という欲求があるなら、本作をプレイしてみてはいかがでしょうか。

『ディアブロ III エターナルコレクション』


発売元(開発元):Blizzard Entertainment ジャンル:ハック&スラッシュRPG

―Blizzardの名作を携帯機で
いつでもどこでも楽しめるニンテンドースイッチと、ハック&スラッシュRPGとの相性は抜群!特に、同ジャンルを牽引してきた『ディアブロ III 』は最高の組み合わせでしょう。

倒した敵から武器や装備を取得しキャラクターを強化、そしてさらに強い敵を倒していくハック&スラッシュRPGの爽快感や歯ごたえ……これらを存分に味わってみてください。すぐに中毒になるはずです。

また本バージョンには、ペットのコッコ、トライフォースの肖像フレーム、特別仕様の翼、キャラクターの外見が変更可能なガノンドロフの鎧といった装飾アイテムなどの『ゼルダの伝説』シリーズのコンテンツが用意されています。

『ディアブロ』ファンはもちろん、『ゼルダの伝説』ファンも本作のプレイを検討してみてはいかがでしょうか。

『ゼノブレイド2』


発売元(開発元):任天堂(モノリスソフト) ジャンル:RPG

―がっつりRPGがやりたくなったらコレ!
広々としたフィールドを冒険できるJRPG『ゼノブレイド2』は、サルベージャーの少年・レックスが、「天の聖杯」と呼ばれるブレイド・ホムラと運命的な出会いを果たす「ジュブナイル&ボーイミーツガール」のストーリーが描かれます。

本作の舞台はアルストと呼ばれる雲海の世界で、主人公達が踏みしめる大地は巨神獣(アルス)と呼ばれる巨大な生き物という、従来のファンタジーRPGとは一線を画する世界観も特徴ですが、ドライバーとブレイドが織り成す戦略的なバトルシステムも奥が深いのです。

最近がっつりRPGをプレイしたい人にこそオススメしたい一本です。

『RISK OF RAIN 2』


発売元(開発元):Gearbox Publishing(Hopoo Games) ジャンル:ローグライクシューター

―歯ごたえ抜群ローグライクシューター!
『RISK OF RAIN 2』は、敵の大群と戦いながら惑星脱出を目指す3Dシューターです。ランダム生成のステージを探検しながら、数々の敵を倒しつつ、強いアイテムを手に入れていくローグライク要素が搭載されています。

本作では、プレイヤーキャラクターの強化とプレイヤースキルを上げる事が何より重要。ゲーム中、時間経過により敵が強くなっていきますし、最後に待ち受けているボスも一筋縄ではいきません。

ただ本作は、インターネット通信に対応しており、最大4人のチームを組む事も可能です!頼れる仲間と一緒に挑んでみるのもありかも?

『スプラトゥーン2』


発売元(開発元):任天堂 ジャンル:アクションシューティング

―対戦・協力で熱中したいなら『スプラ2』!
カラフルでイカすキャラクター「インクリング」を操作して、インクが出るブキで敵を倒しながらマップを自分色に染め上げていく異色の対戦型アクションシューター『スプラトゥーン2』!

シリーズ2作目となる本作では、新たなブキやマップが多数登場するほか、他のプレイヤーと協力して迫りくる多数の敵を撃退していくPvEモード「サーモンラン」が搭載。また、今回のシングルプレイモードもアクションゲームとして高いクオリティを誇っています。

対戦・協力プレイに熱中したい人は、これに決まり!

『The Elder Scrolls V: Skyrim』


発売元(開発元):ベセスダ・ソフトワークス(Iron Galaxy) ジャンル:オープンワールドRPG

―オープンワールドRPGの最高峰
オープンワールドRPG『The Elder Scrolls V: Skyrim』は、発売から8年経った今も尚、多くのプレイヤーがその魅力に惹かれプレイに励んでいます。

プレイヤーである主人公は、タムリエルの極寒の地・スカイリムへと降り立ち、ドラゴンを倒せる伝説のドラゴンボーンとして、この地の運命を揺るがす事になるのですが、何もすぐに揺るがさなくてもいいのです。

メインストーリーを放り出し、ひたすらダンジョンを冒険したり、野盗のアジトを壊滅させたり、街で空き巣を働いたりと、何をしても良いのです。

何をするかはあなたが決めてください。


《Game*Spark》
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});