(C)2019こうの史代・双葉社 /「この世界の片隅に」製作委員会

イメージを拡大

多数のアニメーション制作会社が集積し、“アニメ・イチバンのまち”を標榜する東京・練馬区で、毎年恒例のイベント「練馬アニメカーニバル2019」が11月16日に開催されることが決定した。練馬文化センター、区民・産業プラザ(Coconeri 3F)、平成つつじ公園、練馬駅北口ペデストリアンデッキの4会場で、人気アニメ作品のステージや上映、資料展示、物販など、さまざまな催しが行われる。入場は無料。

練馬文化センターでは午後1時40分から、劇場アニメ「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」のトークショーを実施。黒村径子役の尾身美詞、白木リン役の岩井七世、北條サン役の新谷真弓が登壇し、約1カ月後に公開となる同作の魅力を語る。

「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」は、2016年11月に公開された「この世界の片隅に」に、約30分の新規シーンを追加した長尺版で、12月20日に公開。昨年の「練馬アニメカーニバル2018」でも、尾身、新谷らによるトークショーが行われた。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});