動物園運営シム『Planet Zoo』「Deluxe Edition」予約購入者向けベータ版が開始―キャリア、フランチャイズモードを先行プレイ
  • 動物園運営シム『Planet Zoo』「Deluxe Edition」予約購入者向けベータ版が開始―キャリア、フランチャイズモードを先行プレイ
  • 動物園運営シム『Planet Zoo』「Deluxe Edition」予約購入者向けベータ版が開始―キャリア、フランチャイズモードを先行プレイ
  • 動物園運営シム『Planet Zoo』「Deluxe Edition」予約購入者向けベータ版が開始―キャリア、フランチャイズモードを先行プレイ
  • 動物園運営シム『Planet Zoo』「Deluxe Edition」予約購入者向けベータ版が開始―キャリア、フランチャイズモードを先行プレイ

イギリスのデベロッパーFrontier Developmentsは、動物園運営シミュレーション『Planet Zoo』のベータ版を開始しました。

9月18日公開の「Beta Gameplay Trailer」

2019年11月5日の製品版発売に先駆け、本作の一部が先行してプレイできるベータ版は、「Deluxe Edition」を予約購入した人なら誰でもが参加可能。現地時間9月24日より2週間に渡って開催されます。

収録されるのは、最初のチュートリアル以後自由に遊べる「キャリアモードのシナリオ1」およびサバンナの野生環境から動物園の開発がスタートする「フランチャイズモード」。オンラインでプレイするフランチャイズモードでは他のプレイヤーから動物を購入できる「アニマルマーケット」の利用も可能となっています。キャリアモード、サンドボックスモードとも異なる「フランチャイズモード」の概要に関しては公式フォーラムのこちらより確認できます。ベータ版のファイルサイズは約10GB。日本語に対応しています。

Planet Zoo Beta







Steam Workshopにも対応し、ユーザー作成の自然環境、風景、動物園全体のシェアも楽しめる『Planet Zoo』はPCを対象とし日本語対応で、現地時間2019年11月5日にSteamにて通常版が4,750円、Deluxe Editionが5,750円で発売予定です。


《technocchi》
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});