『Dead by Daylight』「ストレンジャー・シングス」チャプターがPTBにて配信開始!
  • 『Dead by Daylight』「ストレンジャー・シングス」チャプターがPTBにて配信開始!
  • 『Dead by Daylight』「ストレンジャー・シングス」チャプターがPTBにて配信開始!

Behaviour Interactiveは、非対称性ホラー対戦『Dead by Daylight』のPTB(プレイヤーテストビルド)3.2.0アップデートをPC向けに配信開始し、そのパッチノートを公開しました。

今回のPTB 3.2.0(3.2.0Aアップデート)では新キラー「デモゴルゴン」新サバイバー「ナンシー・ウィーラー」「スティーブ・ハリントン」などが追加されているほか、フレンドリストの有効化やゲーム内通知が実装されています。詳細は下記の通り。

新要素


2種類のステータス効果
・忘却(生存者)と探知不可(殺人鬼)。現在のところこれらのステータス効果の影響を受けるのは殺人鬼デモゴルゴンとナイトメアのみです。
・忘却: 生存者は迫り来る殺人鬼の危険を感知できなくなる。忘却状態となった生存者は殺人鬼の心音が聞こえず、また脅威範囲内で効果を発揮するパークの対象と見なされない。
・探知不可: 殺人鬼は隠密状態となり、赤い光と脅威範囲を抑え、生存者のオーラ探知能力を遮断する。

新キャラクター
・新要素: 殺人鬼デモゴルゴンを実装しました。
・新要素: 生存者ナンシー・ウィーラーを実装しました。
・新要素: 生存者スティーブ・ハリントンを実装しました。
・新要素: マップ”ホーキンス国立研究所: 地下施設”を実装しました。

不具合の修正
・真っ向勝負: スタンしている殺人鬼の当たり判定が残る不具合を修正しました。
・クラウン: ガスに当たった生存者が最初の1回しか叫ばない不具合を修正しました。
・チュートリアル退出時にクラッシュする不具合を修正しました。
・ロビーで装備しているスキンがマッチ中表示されない不具合を修正しました。
・カスタムゲームで、設定を変更したマッチのホストがマッチ終了後にグループを抜けようとするとスタックする不具合を修正しました。
・マッチの結果画面でインターネット回線が遮断されるとクラッシュする不具合を修正しました。
通知を受け取ったときに効果音が再生されない不具合を修正しました。
・2人のフレンドが同時に招待を受諾すると片方がクラッシュする、または不明なエラーが表示される不具合を修正しました。
・Steamでフレンド申請を受諾するとリスト内のフレンドが増殖する不具合を修正しました。
・プラスマークや影が表示されないことがある不具合を修正しました。
・カスタムゲームで、観戦者が招待を送ることができる不具合を修正しました。
・フェン・ミン: カメラアングル次第で顔が見えなくなる不具合を修正しました。
・生存者パーティ内の観戦者のインターネット回線が遮断されると正常に処理されない不具合を修正しました。
・その他、ローカライズを複数改善しました。


新要素


新要素
・専用サーバーへの接続を有効にしました。

パーティ管理&フレンドリスト
・“仲間と生き残る”モードを”生存者とプレイ”モードと合体しました。
・フレンドリスト: ゲーム内から誰がオンラインか確認し、招待したり既存のパーティに参加申請したりできるようになりました。
・ゲーム内通知: フレンドからの招待や参加申請、パーティに参加/離脱するプレイヤーの通知が出るようになりました。
・生存者のパーティがゲームごとに解散しなくなりました。マッチ後にまた招待する必要がなくなりました!

ゲームバランス調整


総合的な変更
・ナイトメア: “赤いペイントブラシ”、”スイングチェーン”、”縄跳び用の縄”、”屋外用ロープ”アドオンに、トラッパーの”砥石”のようなデバフアイコンを追加しました。
・生存者: 生存カテゴリに、”オブセッションとして脱出/死亡する”という得点行動を2種追加しました。
・レベル40以上のブラッドウェブに出現するパークの数を増加しました。
・生存者の体力バー(瀕死時やフック上で表示される赤いゲージ)の進行が停止したときゲージが光るエフェクトを追加しました。
・エンティティが窓枠を封鎖したときの効果音が聞こえる範囲を16→8mに変更しました。

アート系の変更
・メグ: “ゲーム、セット、マッチ”コレクションの髪の毛を作り直しました。
・メグ: “十代の苦悩”スキンのポニーテールのアニメーションを調整しました。
・メグ: “テンポ・ランナー”コレクションの膝に絆創膏を追加しました。アイコンも更新しました。
・ジェイク: “ひげを剃ったジェイク”、” 老け顔ジェイク”の髪の毛を作り直しました。
・髪の毛の素材の最適化を行いました。
・ハッチ閉鎖のアニメーションを作り直しました。

パーク変更: 生存者
・置き去りにされた者: 効果を変更しました。
ー新効果…マッチ中最後の生存者となったとき、24/28/32m以内のハッチのオーラを表示する。
・闇の感覚: 自分の手で発電機の修理を完了しなくてもパークの効果が発動するよう調整しました。

パーク変更: 殺人鬼
・消えゆく灯: 効果を変更しました。
ー新効果…オブセッション状態の生存者は、フック救出・仲間の治療に33%の速度上昇効果を得る。オブセッション状態の生存者が生存時、オブセッション状態でない生存者をフックに吊るとトークンを得る。オブセッション以外の生存者は、発電機修理・治療・破壊工作に対し、トークン1個ごとに2/2.5/3%の速度ペナルティを受ける。

そのほか、同アップデートでは多数のバグ修正やオーディオ・ローカライズ等の改善が行われています。パッチノートの全文はこちらからご確認ください。
《吉河卓人》
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});