イメージを拡大

「攻殻機動隊」シリーズのProduction I.Gが手がけるオリジナルテレビアニメ「歌舞伎町シャーロック」が、2クール連続で放送されることが明らかになった。10月11日からTBS、MBS、BS-TBSの「アニメイズム」枠ほかでスタートする。

同作は、架空の繁華街・新宿區(しんじゅくく)イーストサイドに広がる“歌舞伎町”を舞台に展開。第1話「はじめまして探偵諸君」では、変人探偵のシャーロック・ホームズをはじめとするクセ者ぞろいの探偵たちが、報酬1000万円をめぐって、通称“切り裂きジャック”による連続殺人事件の犯人捜索レースに乗り出す。

同作のコミカライズ、ノベライズも決定した。水越きぬ氏によるコミカライズは「月刊コミックガーデン」(マッグガーデン刊) で2019年内に連載スタート。ノベライズは「黒猫シリーズ」で知られるミステリー作家の森晶麿氏が手がけ、角川文庫(KADOKAWA刊)から発売される。

そのほか、ハドソン夫人役の諏訪部順一と小林寅太郎役の橘龍丸がパーソナリティを務めるWebラジオ番組「歌舞伎町シャーロック~パイプキャットラジオ~」の配信も決定した。10月9日から、インターネットラジオステーション<音泉>でスタートする。隔週更新予定。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});