DELLスモールビジネス向け新製品発表会レポート、ゲーミングブランドの既存製品も集結
  • DELLスモールビジネス向け新製品発表会レポート、ゲーミングブランドの既存製品も集結
  • DELLスモールビジネス向け新製品発表会レポート、ゲーミングブランドの既存製品も集結
  • DELLスモールビジネス向け新製品発表会レポート、ゲーミングブランドの既存製品も集結
  • DELLスモールビジネス向け新製品発表会レポート、ゲーミングブランドの既存製品も集結
  • DELLスモールビジネス向け新製品発表会レポート、ゲーミングブランドの既存製品も集結
  • DELLスモールビジネス向け新製品発表会レポート、ゲーミングブランドの既存製品も集結
  • DELLスモールビジネス向け新製品発表会レポート、ゲーミングブランドの既存製品も集結
  • DELLスモールビジネス向け新製品発表会レポート、ゲーミングブランドの既存製品も集結

2019年9月6日、DELL株式会社はコンシューマー及びスモールビジネス向け新製品発表・内覧会を開催しました。イベントは8日までの3日間、渋谷区神宮前 Case B にて「DELL LOUNGE」として期間限定の形で実施され、初日はメディア向けの説明会が設けられました。

ビジネス向け新製品は「Inspiron」「XPS」シリーズ



Inspironシリーズで特に目を引く製品は「New Inspiron 13 7000 (7391)」で、なんとDELL史上最軽量の本体重量約955g。この軽さは、筐体にマグネシウム合金を採用したことで実現しています。

また、GPUには「GeForce MX250」を選択可能としており、ゲーミングPCには及ばないものの、グラフィックス設定によっては最近のゲームもプレイ可能となるようです。


XPSシリーズの新製品は「New XPS 13」。Wi-Fi6(IEEE 802.11ax)を標準搭載し、次世代の無線通信に対応します。上記「New Inspiron 13 7000 (7391)」と共に、CPUは第10世代Intel Coreプロセッサーを搭載。

「ALIENWARE」「G SERIES」もチェック!



イベントには、ゲーミングPCブランドである「ALIENWARE」と「G SERIES」も展示されました。今回は新発表ではなく既存製品の紹介となりましたが、各ブランドの狙いにどのような違いがあるのか、改めて確認してみましょう。

G SERIESは「New DELL G3(15インチ)」、「DELL G5(15インチ)」、「New DELL G7(17インチ)」と展開。ゲーミングPCとして高い性能を目指すことは当然として、コストパフォーマンスと使いやすさを重視し、New G3とG5については外装カラーにホワイトを採用しています。

今やゲーミングPCではありがちなLED電飾を採用せず、そのままビジネスでも活用できる徹底したコストパフォーマンスを貫くのが「G SERIES」の特徴と言えるでしょう。G5とNew G7については「GeForce RTX 2060」が選択可能であり、ノートPCとは言えパワフルなゲームプレイを可能とします。

画面のソフトは、標準装備されているアイトラッキング機能を体験できるゲームでした

ALIENWAREで異彩を放つのは「ALIENWARE AREA51Mゲーミング」です。アップグレード可能なオーバークロック対応のデスクトップ第9世代Intel Coreプロセッサーを採用し、GPUは「GeForce RTX 2080」まで選択可能という圧倒的な性能を誇ります。

撮影前に思わず「えっ」と声が漏れる

背面には電源アダプターが2本という強気な仕様。デスクトップと同じ構成なら確かに……と思えなくもないのですが、パフォーマンス実現の為ならここまでやるかというスタンスです。


後部や底面部にはハニカム構造の大きな冷却口が施されています。膝の上にPCを置いて遊ぶような使い方は難しいでしょう(これらは吸気口で、排気は側面から行われます)。しかしながら、オーバークロック対応や将来的なアップグレードを視野に入れた設計の為、それなりの安全性・拡張性が確保されていると考えられます。

電飾は主張しすぎない程度で、クールにまとめられている

本機は2019年2月に発売された既存製品なのですが、「DELL LOUNGE」会場で大いに存在感を発揮していました。DELLはe-Sportシーンでもプロゲーミングチームをサポートしたり、2019年の東京ゲームショウにも出展を予定していますので、ぜひチェックしてみてください。
《Trasque》
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});