【大喜利】『ゲームをテーマにしたB級映画にありがちなこと』審査結果発表!
  • 【大喜利】『ゲームをテーマにしたB級映画にありがちなこと』審査結果発表!

週末限定のお気楽企画Game*Spark大喜利、第五百三回の審査結果発表です。今回のお題は『ゲームをテーマにしたB級映画にありがちなこと』というものでしたが、多数のご回答ありがとうございました。皆様から寄せられた回答を、皆様の評価及び担当者の"独断と偏見"により審査しました結果、以下の回答がベストアンサーとして選ばれました。



スパくんのお友達さん

売れっ子俳優の黒歴史をしっかりと作る


撮影中に「やべえな」と思い始めたときの心境や如何に





スパくんのお友達さん

主人公がトラブルに巻き込まれるシーンで「はは、アニメやゲームじゃないんだから」という台詞がある


露骨な原作アピールありそう


スパくんのお友達さん

B級のBはβテストのことだった


そしてフィードバックを基にさらに洗練…ってそれパイロット版やん


スパくんのお友達さん

場面転換のたびにロード画面が出る。


良い演出


スパくんのお友達さん

エンディングは電源が切られる演出で終わる


そしてズームアウトしながらブラウン管テレビとゲーム機が映し出されるんだな


スパくんのお友達さん

映画が始まる前にチュートリアルムービーが流れる。


映画泥棒とのコラボ待ったなし


スパくんのお友達さん

ゲームは一時間
映画も一時間で終わる


短っ!


スパくんのお友達さん

予算不足でそれっぽいキャラしかいない


衣装が作りやすいキャラ優先


スパくんのお友達さん

AAA級のゲームでも映画になるとB級以下になる現象


クソゲーを映画化した方が楽しめるかも知れない


スパくんのお友達さん

実写がコスプレの域を出ない。


衣装の素材のチョイスが悪い


スパくんのお友達さん

ステージギミックを使って倒す敵を銃だけで倒してしまう


「これで“ゲームオーバー”だ!」って言ってそう


スパくんのお友達さん

オタクゲーマーが終盤まで大活躍だったのに最後でイケメン非ゲーマーにクラスチェンジしてしまう


そもそも最初からイケメンが隠せてない


スパくんのお友達さん

髪型をゲームに寄せすぎて違和感しかない


色も原色バリバリで酷い


スパくんのお友達さん

世界観、ストーリー、登場キャラクターは映画オリジナル設定


ほぼ全部やんけ


スパくんのお友達さん

ゲームでは使った事の無い技を使う


しかもそれでボスを倒しちゃう


スパくんのお友達さん

A級映画の監督がメガホンを取ると発表されるが、降板が繰り返された後やっぱりB級監督になり作品もやっぱりB級。


どんどんグレードダウンしていく


スパくんのお友達さん

ゲームタイトルが海外版になっており日本では注目すらされない


知らない間に公開されてたりする




スパくんのお友達さん

日本語訳が画面からはみ出ている


これは分かっている人の仕事だ


スパくんのお友達さん

演出が派手なシーンでフレームレートが下がる


編集でなんとかせえよ!


スパくんのお友達さん

明らかに怪しい場所があるのに調べない


監督はゲームファンじゃないんだろうな…


スパくんのお友達さん

戦闘もこなせるタイプのタフな女性主人公のタンクトップ着用率が高い。


具体例は思い浮かばないが何故か納得



《RIKUSYO》
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});