「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」製作決定

(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

イメージを拡大

テレビアニメ「鬼滅の刃」の劇場版となる「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の製作が決定した。テレビシリーズの最終・第26話「新たなる任務」をもって「竈門炭治郎 立志編」が幕を閉じ、劇場版では「無限列車編」へと突入。無限列車編の中心キャラクターのひとり、“炎柱”煉獄杏寿郎の姿を収めた場面写真と特報映像が披露されている。

「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)で連載中の人気漫画をアニメ化した「鬼滅の刃」は、鬼に家族を殺された青年・炭治郎が、鬼となってしまった妹の禰豆子(ねずこ)を人間に戻すために政府非公式の組織「鬼殺隊」に身を投じ、さまざまな鬼と死闘を繰り広げていく物語。劇場版では、テレビシリーズ最終話「新たなる任務」の最後のシーン、炭治郎、禰豆子、善逸、伊之助が無限列車に乗り込む場面の続きが展開される。

キャストはテレビシリーズから引き続き、竈門炭治郎役を花江夏樹、禰豆子役を鬼頭明里、我妻善逸役を下野紘、嘴平伊之助役を松岡禎丞、煉獄役を日野聡が務める。主要スタッフも続投しており、監督を外崎春雄、キャラクターデザインを松島晃、アニメーション制作をufotableが担当する。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});