この記事は私がまとめました

mtmまとめさん

FM音源とは?

FMとはラジオの“FM”と同じ、周波数変調のこと。正式名称は「フリーケンシー・モジュレーション」といって、“FM”はその頭文字です。

ヤマハ独自のデジタル音源技術です

単純な音の波形を組み合わせて一つの音にすることで、様々な音色を作ることができます

専用のICを開発することでそれまで高価だったFM音源の低価格化に成功し、1983年に発売したDX7によってFM音源が一般に普及することとなった。

また、音源チップは、1980年代のパソコンやアーケードゲーム機や、家庭用ゲーム機等の内蔵音源として幅広く使われ、80年代中期から90年代初頭辺りまでこれらから発せられる音として定番となっていた。

FM音源を世に知らしめた名機です

シンセサイザー用と比べれば性能は劣りますが、コアの部分をチップ一枚にまとめてお求めやすく。
それまでのピコピコ音とは一線を画す音色を、コンピューターで安価に利用できるようになりました。

FM音源の登場によって色んな楽器、例えば弦楽器・管楽器・打楽器などを1つのFM音源のチップで出せるようになりました。FM音源のサウンドを初めて聴いた時は、ピコピコというよりは、CDから音楽が流れているみたいだと思いました。

FM音源の登場でゲームミュージックは一気に進化しました

FM音源を活用したアーケードゲームの名作です

FM音源を搭載した家庭用ゲーム機の代表

音源チップの種類によって、音色も性能も違います

OPL系- 2オペレーターのFM音源

音色の幅では他のチップに劣りますが、その分安価なシリーズです
低価格な機種に採用されたり、ファミコンの拡張音源としてカセット内に載せられたりもしました

セガが販売した、ファミコンと同世代のゲーム機です

マスターシステム用ソフトとして販売された、セガの人気RPGシリーズの第一作目

コナミが販売したRPG
ファミコンのソフトですが、カセット内にFM音源チップを載せることで音源を拡張しています

ファミコンと同時期に販売されていた低価格パソコン、MSX用のFM音源です
MSXは標準ではFM音源を搭載していませんでしたが、ゲーム機のようにカセットでソフトや拡張機能が利用できたので、低価格のFM音源チップを搭載したカセットも販売されました

MSXの本気。パソコンなので、自分で入力した楽譜を演奏させることもできました

続いて少し性能がよくなったチップの紹介です

OPN系 - 4オペレーターのFM音源+SSG搭載

性能も価格もほどほどのシリーズ。様々なゲーム機やパソコンに搭載されました

メガドライブ用ソフト。メガドラとセガを代表するアクションゲームの第一作
ちなみにBGMの作曲はなんとドリカムの中村正人氏

言わずと知れた大人気パズルゲームもメガドライブで出ていました
ちなみに音源チップが同じなので、曲はアーケード版と同じ音色です

セガの格闘アクションゲーム
作曲はゲーム音楽の代表的アーティスト、古代祐三氏

日本では「クライング 亜生命戦争」というタイトルの、セガのシューティングゲームです
こうしたホラーテイストな曲も奏でられます

Windowsの登場前に、NECが販売していたパソコン
この他にも富士通やシャープからも独自のパソコンが販売されていたが、それらにも同じFM音源のチップが採用されていたりも

日本ファルコムによるアクションRPG。サウンドはこちらも古代祐三氏
NEC製以外の各社パソコンのほか、様々なゲーム機に移植された人気シリーズです

パソコンゲームにおいては屈指の人気を誇っていたRPGシリーズです

1 2
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});