この記事は私がまとめました

欅坂46には様々なタイプの楽曲がありますが、自分の好きな楽曲はもしかしたら同じ作曲者なのでは?とふと思い調べた内容をまとめてみました。

tmnrgd6さん

2016年4月6日発売の1stシングル「サイレントマジョリティー」を筆頭に、デビュー以来ヒット曲を連発している欅坂46。その楽曲の作詞はすべてプロデューサーである秋元康氏が手掛けていますが、作曲に関しては複数の作曲者が手掛けていることをご存じですか?
本まとめでは作曲者別に楽曲を分類することで、曲調や雰囲気に傾向があるのかどうかなどを検証してみようと思います。

1.バグベア

バグベア(Bugbear)は、こぎみいいとここみらいからなる日本の作詞家、作曲家、編曲家の2人組音楽ユニット。フリーランスで活動している。

「音楽は進化するときが来た」をキーワードに活動している男女2人組。こぎみいい(男性)が作曲面全般、ここみらい(女性)がトラック作成・アレンジを担当している。

欅坂46については、こぎみいいは箱推し、ここみらいは菅井友香推しである。こぎみいいは欅坂46(漢字欅)と、日向坂46(旧ひらがな・けやき坂46)1期生・2期生のメンバー全員の名前を覚えている。

「バグベア」は、メロディーの作曲を全般的に担当する「こぎみいい」さんと、トラック(歌がないインストゥルメンタル)制作やアレンジを担当する「ここみらい」さんによる2人組ユニット。作曲だけにとどまらず、作詞や編曲などマルチに活動し、2018年にはアイドルグループ「Sha☆in」が歌う西日本豪雨岡山復興支援チャリティーソング「僕は君を全力で笑顔にする」の楽曲提供を行っています。

作曲家ユニット「バグベア」。「サイレントマジョリティー」ポーズを決めるのは、こぎみいいさん(左)、「不協和音」ポーズを決めるのは、ここみらいさん(右)

バグベアが手掛けた楽曲

・サイレントマジョリティー
・不協和音
・僕たちの戦争
・抱きしめてやる(けやき坂46)

2.ナスカ

3/11付週間アルバムランキングで初登場1位を獲得した欅坂46の8thシングル「黒い羊」。4/1付では7位と発売から1ヶ月近く経つが、TOP10をキープしている。同作は、昨年12月からダンスパフォーマンスを伴う活動を休止していた平手友梨奈が、デビュー曲から8作連続のセンターを務めた復帰作。4月にデビュー3周年記念公演も控えており、話題を集めている。その「黒い羊」の作曲・編曲を担当しているのがナスカで、佐藤大志(Vo&G)と山内麻里子(Key)によるユニットだ。

2006年に亀田誠治氏プロデュースのシングル「君の中で 僕の中で」で3人組バンドとしてメジャーデビューしたナスカは、活動休止後、2011年から佐藤と山内による楽曲提供、映像音楽の制作チームとして活動している。これまでに乃木坂46「ジコチューで行こう!」(作曲)、茅野愛衣「オラシオン」(作詞・作曲・編曲)、FTISLAND「ANOTHER NEW WORLD」(作曲)など幅広いジャンルのアーティストの楽曲に参加。

だいし君(左) / 山内パンプキン(右)
2004年
4人組バンド”ナスカ”でメジャーデビュー
2006年
3人組バンド”ナスカ”で亀田誠治プロデュースにより再デビュー
2011年
楽曲提供、映像音楽の制作チーム”ナスカ”として再々始動
作詞、作曲、編曲、プロデュース

ナスカが手掛けた楽曲

・エキセントリック
・黒い羊
・危なっかしい計画
・避雷針

3.前迫潤哉

前迫潤哉(まえさこ じゅんや)は、日本の作詞家、作曲家、編曲家、シンガーソングライター。
鹿児島県出身。様々なステージを経験し、数多くのアーティストに楽曲を提供している。

鹿児島出身。
教員養成の大学を卒業するも、シンガーへの夢に挑戦したいという気持ちから上京。
曲作りをするときはそのアーティストの気持ちになりきって作ることを心がけている。
歌声の評価も高く、今井 了介氏主催の全国規模のボーカルオーディションではグランプリを受賞。テレビ朝日「ピラミッドダービー」では森山直太朗のさくら独唱を本人になりきり見事スタジオゲストを騙してみせた。

現在はトップライナーとして、様々な作曲家とタッグを組みメロディーを作ることが多いです。また作詞もしますし、元々シンガーということもあって、アーティストの仮歌やボーカルディレクションを担当することも増えてきました。

教員養成の大学を卒業するも、シンガーへの夢に挑戦したいという気持ちから上京。様々なステージを経験していく中で、常にキャッチーな曲を求めるようになる。そしてその楽曲は、本人のみならず数多くのアーティストに提供することとなる。春川仁志氏に師事し、その才能は急成長を遂げ、提供曲を大幅に増やした。幼い頃からモノマネが得意で、曲作りをするときはそのアーティストの気持ちになりきって作っている。また、歌声の評価も高く、制作ディレクターからアーティストの仮歌やコーラスレコーディング、ボーカルディレクション等の依頼を受ける。

公式サイト:https://www.maesakojunya.net/

前迫潤哉が手掛けた楽曲

・ガラスを割れ! - Yasutaka.Ishioとの共作
・W-KEYAKIZAKAの詩 - Yasutaka.Ishioとの共作
・ここにない足跡(青空とMARRY) - Dr.Lilcom、春川仁志との共作
・イマニミテイロ(けやき坂46) - Yasutaka.Ishioとの共作

1 2 3 4 5 6 7 8
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});