(C)ANIME 22/7

イメージを拡大

2020年1月から放送を開始するデジタル声優アイドルユニット「22/7(ナナブンノニジュウニ)」のテレビアニメ化で、第1弾プロモーションビデオとキービジュアルが公開された。

2016年に始動した「22/7」は、秋元康氏を総合プロデューサーに迎え、クリエイターが生み出した2次元のアイドルグループと、各キャラクターを演じる声優がともにアイドル活動を行っていくプロジェクト。8月21日には約1年ぶりに4thシングル「何もしてあげられない」をリリースしたほか、12月24日には東京・Zepp DiverCityでユニット初となる「Birthday Event 2019」の開催も決定。テレビアニメでは、同ユニットのグループ結成秘話やキャラクターたちの過去がそれぞれの視点を通して描かれる。

雪が降りしきるなか、自転車に乗りながら空を眺める滝川みう(CV: 西條和)を描いたキービジュアルとともに、第1弾プロモーションビデオも公開。「この時の私は、まだ知らなかったんだ」というセリフから始まる映像では、みうが突然届いた芸能プロダクションからの手紙に驚きの表情を浮かべるなど、キービジュアルと同様の姿などが描かれている。

メインスタッフも発表されており、総合プロデューサー・秋元康氏のもと、キャラクターデザインは、カントク、岸田メル、QP:flapper(小原トメ太、さくら小春)、黒星紅白、こやまひろかず(TYPE-MOON)、田中将賀、細居美恵子、堀口悠紀子、深崎暮人、渡辺明夫、キャラクター・ネーム原案を宮島礼吏、キャラクターデザインを堀口が担当する。また、監督は阿保孝雄、シリーズ構成は宮島と永井千晶、アニメーションキャラクターデザイン・総作画監督をまじろが務め、制作はA-1 Picturesが行う。なお、テレビアニメ版公式サイトでは一部スタッフのコメントも掲載されている。

9月25日午後9時からは、AbemaTVで「TVアニメ放送決定記念特番」の配信も決定した。メインキャストを務める西條、天城、倉岡、帆風、海乃、白沢、宮瀬、花川が出演し、放送開始に向けて作品の魅力などを語っていく。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});