(C)2020 劇場版「SHIROBAKO」製作委員会

イメージを拡大

2020年春公開予定の劇場版「SHIROBAKO」に登場する新キャラクターの宮井楓を、佐倉綾音が演じることがわかった。9月21日に開催された「京都国際マンガ・アニメフェア(京まふ)2019」内のステージイベントで明らかになった。宮井は、これまでに発表されたキービジュアルや特報映像にも登場している。

ステージ上では、佐倉からのコメントも公開された。佐倉は「テレビアニメ放送当時、水島(努)監督がアニメ業界を描く作品をつくっていると聞き、『そんなの絶対面白いじゃん』と思っていたら「作品も収録もとても面白い」という話を他の現場でキャストさんやスタッフさんがされていて、激しく嫉妬に狂っていたのですが、このたび、ようやく参加させていただけるということで、そのバネを生かす時が来たなと思いました。めちゃくちゃ喜びました。うれしいです」と胸中を告白。劇場版の収録前に全話視聴したというテレビシリーズについて「フィクションとリアルのバランスが絶妙で、知らない内情の話はとても勉強になりましたし、知っている内情が出てきた時は、人よりこのシーンで笑えてるかも……と、声優になってよかったなと思った瞬間でした」という。

自身が演じる今井については「大人というのは、仕事に向き合う時はビジネスの皮を被って生きている生き物だなと思いました。でも、それが大人のかわいいところですよね。ちゃんと裏表を使い分けられるというのは、人間として一度で二度おいしい的な何かがある気がします。私は裏表のない人間なので、演じるのはとても難しかったです。それはちょっとだけ嘘で、とにかくめちゃくちゃ楽しかったです」と語り、「シビアな現実をしっかり目前に捉えながら、フィクションはフィクションとしてしっかり演じさせていただきました。この言葉の意味は、本編をごらんいただけると、なんとなくおわかりいただけるかなと思います。いつもの『SHIROBAKO』メンバー、そしてみゃーもりとみゃーいの大冒険をぜひ劇場でご堪能ください!」と呼びかけている。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});