(C)2019 日本すみっコぐらし協会映画部

イメージを拡大

サンエックスの人気キャラクターを劇場アニメ化する「映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」のメインビジュアルが公開された。絵本の世界に入ってしまった“すみっコ”たちが、それぞれ絵本の主人公をイメージした映画オリジナル衣装を着た姿で登場しており、中央には新キャラクターの「ひよこ?」も描かれている。

2012年に誕生して今年7周年を迎えた「すみっコぐらし」は、「日本キャラクター大賞 2019」でグランプリを受賞したファンシーなキャラクター。寒がりで人見知りの「しろくま」や、自分はペンギンなのか自信がない「ぺんぎん?」、食べ残しの「とんかつ」、恥ずかしがり屋の「ねこ」、捕まることを恐れて正体を隠している「とかげ」といった“すみっコ”たちは、それぞれに異なる理由から、部屋などの隅っこを好んでいる。「とびだす絵本とひみつのコ」では、絵本の中の世界に連れて行かれた“すみっコ”たちが、自分が誰かもわからない、ひとりぼっちの「ひよこ?」のおうちを探すために大冒険を繰り広げる。

メインビジュアルからは、しろくまが「マッチ売りの少女」、ぺんぎん?が「アラビアンナイト」、とんかつが「赤ずきん」、ねこが「桃太郎」、とかげが「人魚姫」の世界に入り込んでしまうことが明らかに。各キャラクターが、映画オリジナル衣装を身にまとった個別ビジュアルも公開されている。

「映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」は11月8日全国公開。9月20日からは各上映劇場で、「映画すみっコぐらしパズルキーホルダー ものがたりVer.」が付属する前売り券(ムビチケ)第2弾が販売される。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});