描きおろしの「祈りポスター」

(C) 2019「天気の子」製作委員会

イメージを拡大

新海誠監督の最新作「天気の子」の4D版上映が9月27日からスタートすることが決定した。水や風、フラッシュなどの4D環境効果によって、次々と変化する作中の気象を体感することができる。

同作は、離島から家出してきた高校生の帆高(醍醐虎汰朗)が、「祈るだけで空を晴れにできる」不思議な力をもつ少女・陽菜(森七菜)と東京で出会い、世間や社会と対立しつつも“ある選択”を貫くために奮闘する。7月19日の封切りから9月16日までの60日間で、観客動員950万人、興行収入127億円を記録し、140の国と地域での配給も決定している。

あわせて、手を握りあいながら強く祈る帆高と陽菜を描いた新ビジュアル「祈りポスター」も披露。4D版上映開始と同じ9月27日から、全国劇場にて順次掲出される。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});