コトブキヤ『エースコンバット』プラモ第4弾はADFX-01モルガン?「X-02S」ボックスアートや「ADFX-10F」塗装見本など発表
  • コトブキヤ『エースコンバット』プラモ第4弾はADFX-01モルガン?「X-02S」ボックスアートや「ADFX-10F」塗装見本など発表
  • コトブキヤ『エースコンバット』プラモ第4弾はADFX-01モルガン?「X-02S」ボックスアートや「ADFX-10F」塗装見本など発表
  • コトブキヤ『エースコンバット』プラモ第4弾はADFX-01モルガン?「X-02S」ボックスアートや「ADFX-10F」塗装見本など発表
  • コトブキヤ『エースコンバット』プラモ第4弾はADFX-01モルガン?「X-02S」ボックスアートや「ADFX-10F」塗装見本など発表
  • コトブキヤ『エースコンバット』プラモ第4弾はADFX-01モルガン?「X-02S」ボックスアートや「ADFX-10F」塗装見本など発表
  • コトブキヤ『エースコンバット』プラモ第4弾はADFX-01モルガン?「X-02S」ボックスアートや「ADFX-10F」塗装見本など発表
コトブキヤは、東京ビッグサイトにて9月27日から9月29日まで開催される「第59回 全日本模型ホビーショー」にて、同社が手がける『エースコンバット』プラモデル第4弾の情報を示唆すると共に、1/144「X-02S」のボックスアートと1/144「ADFX-10F」と「ADF-11Fレーベン」の塗装完成見本を展示しました。


『エースコンバット7』本編で登場するADFX-10のノーズユニット

1/144「X-02S」のボックスアートは天神英貴氏によるもので、ミッション19とミッション18を意識した内容となっています。また過去に原型など展示されていた「ADF-11F」のバリエーションとして、白いプロトタイプである1/144「ADFX-10F」が初登場。公開された塗装見本にはキャノピー近くに「Z.O.E.」のデカールも確認出来ます。



さらに、今後の第4弾を示唆する「戦う理由は見つかったか?相棒」というセリフが入ったプレートも初公開。『エースコンバットZERO』の主人公サイファーの相棒であるピクシーが「ADFX-01モルガン」の登場と共に放つセリフです。

『エースコンバット7』DLC第3弾のADFX-01モルガン

加えて、コトブキヤが2018年末から2019年初頭に掛けて実施した、「恒例!年末年始商品化希望アンケート」でシリーズ最上位の機体とのことなので、公開される機体が何であるか今後の続報に注目しておきましょう。

1/144「X-02S」は2019年11月に発売予定。価格は4,800円(税抜き)です。また無塗装の1/144「X-02S 〈For Modelers Edition〉」も同時期にリリースを予定で、価格は3,800円(税抜)です。
《G.Suzuki》
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});