「にんじゃりばんばん」が劇中曲に!

(R), TM & (C) 2019 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

イメージを拡大

キアヌ・リーブスが主演するヒット作「ジョン・ウィック」シリーズの第3弾「ジョン・ウィック パラベラム」の劇中曲として、きゃりーぱみゅぱみゅの「にんじゃりばんばん」が使用されていることがわかった。寿司職人にして最強の刺客・ニンジャ軍団の登場シーンで起用されている。

第1作「ジョン・ウィック」では愛犬を殺したロシアンマフィアを壊滅させ、第2作「ジョン・ウィック チャプター2」では思い出が詰まった家を爆破したイタリアンマフィアを壊滅させたジョン(リーブス)。3作目となる本作では、コンチネンタルホテルでの不殺の掟を破ったジョンに1400万ドルの賞金がかけられ、全世界の殺し屋たちのターゲットとなってしまう。

公式You Tubeでは、同曲が流れる本編映像が披露された。世界各国の殺し屋を束ねる「主席連合」から派遣された裁定人(エイジア・ケイト・ディロン)は、土砂降りのなかある寿司屋を訪れる。主席連合の証であるコインを差し出すと、「こんなに早く来るとは」と職人たちが表情を一変。彼らは、表の顔は寿司職人、裏の顔は最強の暗殺者・ゼロ(マーク・ダカスコス)が率いるニンジャ軍団だったのだ。裁定人からジョンの暗殺を依頼されたゼロは、申し入れを快諾する。

「にんじゃりばんばん」は寿司屋の店内BGMとして使用され、同曲の個性的な歌詞とメロディが暗殺者ニンジャたちを引き立てている。楽曲起用について、きゃりーぱみゅぱみゅは「本当にびっくりしました! 私の中でも代表曲の一つなので、素直にすごくうれしかったです」とコメントを寄せている。

「ジョン・ウィック パラベラム」は10月4日から全国公開。R15+指定。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});