劇場版に続き……舞台化も決定!

(C)吾峠呼世晴/集英社
(C)舞台「鬼滅の刃」製作委員会 2020

イメージを拡大

「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)で連載中の吾峠呼世晴氏の人気漫画「鬼滅の刃」が、2020年1月に舞台化されることが決定した。

シリーズ累計発行部数が1200万部を突破する同名原作は、大正時代の日本が舞台。心優しき主人公・炭治郎が、家族を殺した“鬼”を討ち、鬼へと変貌した妹・禰豆子(ねずこ)を人間に戻すために、政府非公式の組織「鬼殺隊」に入り“鬼狩り”の道を突き進んでいく姿を描く。テレビシリーズが9月28日に最終話を迎え、続編となる「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の製作が決定している。

舞台版は、舞台「刀剣乱舞」や 「TRUMP」シリーズ でおなじみの末満健一が脚本・演出を務め、「ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』」などで知られる和田俊輔が音楽を手がける。「少年ジャンプ+」でチケットの最速先行が実施されることが決まっている。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});