(C)TYPE-MOON / FGO7 ANIME PROJECT

イメージを拡大

10月5日から放送を開始する「Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-」が、全21話構成になることが明らかにされた。2020年3月まで、およそ半年をかけて、 原作ゲームアプリ「「Fate/Grand Order」(FGO)第1部の最長シナリオである第7章「絶対魔獣戦線バビロニア」の物語を、丹念に映像化する。

アニメ版では、人類の絶滅を防ぐため、さまざまな時代の“特異点”を渡り歩く“聖杯探索(グランドオーダー)”に携わってきた藤丸立香とマシュ・キリエライトが、紀元前2655年の古代メソポタミアを訪れ、賢王ギルガメッシュが築いた要塞都市・絶対魔獣戦線で激闘を繰り広げる姿が描かれる。

放送、配信直前の10月5日午後10時からは、AbemaTVで特番「FGO -絶対魔獣戦線バビロニア- レイシフト直前SP」が独占配信。立香役の島崎信長、フォウ役の川澄綾子、エルキドゥ役の小林ゆうをゲストに迎え、原作ゲームでニトクリス役ほかを担当し、「Fate」シリーズの大ファンを公言している田中美海がMCを務める。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});