新作アプリ『三国志ヒーローズ』紹介ステージ!―貂蝉役の香川愛生さんも登壇【TGS2019】
  • 新作アプリ『三国志ヒーローズ』紹介ステージ!―貂蝉役の香川愛生さんも登壇【TGS2019】
  • 新作アプリ『三国志ヒーローズ』紹介ステージ!―貂蝉役の香川愛生さんも登壇【TGS2019】
  • 新作アプリ『三国志ヒーローズ』紹介ステージ!―貂蝉役の香川愛生さんも登壇【TGS2019】
  • 新作アプリ『三国志ヒーローズ』紹介ステージ!―貂蝉役の香川愛生さんも登壇【TGS2019】
  • 新作アプリ『三国志ヒーローズ』紹介ステージ!―貂蝉役の香川愛生さんも登壇【TGS2019】
  • 新作アプリ『三国志ヒーローズ』紹介ステージ!―貂蝉役の香川愛生さんも登壇【TGS2019】
  • 新作アプリ『三国志ヒーローズ』紹介ステージ!―貂蝉役の香川愛生さんも登壇【TGS2019】
  • 新作アプリ『三国志ヒーローズ』紹介ステージ!―貂蝉役の香川愛生さんも登壇【TGS2019】

9月12日、「東京ゲームショウ2019」コーエーテクモブースにて行われた新作アプリ発表ステージ。本記事では、そのレポートをお届けします。


ステージイベントが始まり、ゼネラル・プロデューサーのシブサワ・コウ氏から、HEROZとの共同開発による新作アプリ『三国志ヒーローズ』が発表。その後に、HEROZの代表取締役である高橋知裕氏が登壇。お二人によってテーマトークが行われました。


共同開発に至ったきっかけは、昨年のTGSで行われたHEROZによる公演。シブサワ氏からHEROZにアプローチし、今回の共同開発が決定したということです。本作は、機械学習で進化していくAIで、シンプルな頭脳戦を目指した作品。シブサワ氏の長年の思いが詰まったゲームであると語られていました。

ここでさらに、貂蝉役を務める女流棋士の香川愛生さん、本作プロデューサーの田中康弘氏が登壇。香川さんは棋士以外の役で声優を務めたことがなかったことから、入念な準備を行って収録に臨んだのだとか。序盤には、慣れた姿勢である「正座」で挑んでいたとのことでした。


そして、本作のゲームシステムが明らかに。将棋をベースにしたゲームであり、駒となる武将を動かして対戦を行います。どの駒であっても一撃必殺、戦略が重要になりますが、「士気」ゲージによる“成り”「覚醒」やリーダースキル「計略」による一発逆転も可能。武将の実装については、まずは100人ほど。ゆくゆくは増やしていき、有名な漫画家やイラストレーターによるイラストの提供などを考えていきたいとしていました。


ステージ終盤では、香川さんと高橋氏による実機での対戦が披露されました。香川さんは自らが声を担当する「貂蝉」、高橋氏は強力な計略を持つ「周瑜」でプレイ。武将による計略の違いや、コミュニケーションに使えるボイスライン、「向き」の変更などゲームシステムの紹介も交えつつ、最終的には持ち駒の多い高橋氏が勝利する結果となりました。


本作は、2019年秋に配信を開始する予定。各種ストア、公式サイトなどで事前登録がスタートしていることが紹介。スタートダッシュ特典として、最高レアリティの「劉備」がもらえるということです。
《杉元悠》
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});