『Fallout 76』実物大パワーアーマーヘルメットの海外小売店版がリコール、理由は「カビ発生の可能性」
  • 『Fallout 76』実物大パワーアーマーヘルメットの海外小売店版がリコール、理由は「カビ発生の可能性」
  • 『Fallout 76』実物大パワーアーマーヘルメットの海外小売店版がリコール、理由は「カビ発生の可能性」

Fallout 76』の限定版「Fallout 76 Power Armor Edition」では実物大の“T-51パワーアーマーヘルメット”が付属し話題になりましたが、海外小売店GameStopにて販売された“T-51bパワーアーマーヘルメット”のリコールが行われていることが明らかとなりました。

米国消費者製品安全委員会の告知ページによれば、ヘルメット内部の布にはカビが発生する可能性があり、もし吸い込めば免疫機能の低下や肺へのダメージ、カビアレルギー、その他感染症といった呼吸器系に対するリスクをもたらすと注意を促しています。

対象商品は約20,000個と報告されているものの、製造元のChronicleは実際に消費者に出荷されたのは32個であるとし、既に消費者を特定しリコールについて直接通知したとのこと。また、Bethesda Softworksも声明を出しており、今回のリコール対象はGameStopで限定販売された「Power Armor Collectible Helmets」のみで「Fallout 76 Power Armor Edition」同梱のヘルメットは影響を受けないと伝えています。

「Fallout 76 Power Armor Edition」
《RIKUSYO》
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});